日記の記事一覧

私が普通のマネキンさんから売れっ子販売員になるまでの心得について書きたいと思います。

試食販売をする上で大事なことは、シズル感を出すことです。シズル感とは、五感で訴えて購買意欲を出させることです。

例えば、今日はお魚を買おうと思ってスーパーに行ったけれど、お肉の試食の匂いでお腹がすいてお肉に変えちゃった!なんてことは主婦のなかでよくある話です。

その購買意欲の生み出し方としては、やはり店内で調理出来る方法を選ぶことです。ホットプレートで焼くのはどこのスーパーもほとんどが大丈夫だと思いますが、揚げたり煮たりはあまりみませんよね。

そのため、鳥肉の販売であっても基本は焼きます。店内で行うことでポスターよりも、セールストークよりも一番の宣伝効果があります。

あとは、出来たてを食べてもらいたいのでお客様の入りを見て試食を出します。せっかく食べてもらったのに冷えると特にお肉は美味しくないです。

硬くなり逆に批判的なイメージにつながることもあるので、鮮度に工夫することが重要です。

傾向としては、午前11時ごろ、午後17時ごろが最も試食する人が多いように感じます。ご飯前でお腹をすかしているからです。

人が少ない時には無理をせず、そういうこともあるんだと思って様子を見たり、休憩に行ったりと時間配分をするのも重要です。

試験監督バイト募集ココ単発短期歓迎

日記